2011年03月01日

アマゾン河口の釣り(続編)

(海をあざむく無際限のアマゾン河口。
 水平線の彼方まで、目にとまるものなし。
 
 紺碧の蒼穹には、太陽が狂ったように笑う。
 清冽なとのこ色の水が、膨張してせかれるように走る。
 風が立ち、心地よい。
 
 この広大無辺の水球に遊ぶ、
 釣り人たちは、 

 ドットール(医者)の船に、片山領事、愚息と私、
 それに労働者ひとり。
 
 近くに一艘の僚船。
  
 私は、先ほど推測20キロのシャリョウ(ヒラアジ)
 を取り逃がしたばかりだ。
 
 しかし、落ち込んでいるわけには行かない。
 ドラマは始まったばかりだ。

 前編は、日記が行方不明になり、写真などを掲載して
 お茶をにごし、 ここまでで筆を折っている。)
 
 
励みになります。押してください。

にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ


 
 
 
posted by しごきまつ at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

「マダッ!」「いま!」「オソイ!」(最終章)

(醍醐氏の名文、佳境にいる。師匠の教えとは、かくなるもの。よくよく心すべし。)

 と、河合老と私の竿がピクピク、乙女のハートのごとく
 揺れているではないか。
 ふたりともあわてて竿尻をとろうと手を伸ばした。
 その瞬間、
 「まだ!」
 と師匠の叱咤がとんだ。
 「まだ竿をとってはダメ!」
 「ハイ」
 ふたりとも悪戯を叱られた子どもみたいに手を引っ込めた。

 「魚がエサをつついているんです。その時竿を手にとると
  異状が伝わって、魚は離れてしまう。」
 「なるほど」
 
  また、竿先がピクピクする。思わず手が伸びる。
 「マダッ!まだ、まだまだ!」
 と師匠の声で、二人とも手を戻す。
 そのうち、不意に竿先がガクンとおじきをした。
 「いま!」
 と師匠の声が励ます。
 ふたりはあわてて、ガタガタと竿をとって、大あわせに合わせた。
 しかし、
 「オソイッ!」
 と師匠の大声。

 たしかに、なにも手ごたえはなかった。
 

励みになります。押してください。

にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ




 
posted by しごきまつ at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

「名人は顕われず」(前編に続く)

 (醍醐氏の名文を追う。)
 
 よく、「名人は顕われず」という。
 真の名人たるものは、シャリシャリと人前に出て、
 俺は何匹釣ったなどとぺらぺらしゃべらないものだそうだ。
 従って、名人に逢うのはなかなか大変なことなのだ。

 しかし、河合老と私は、幸先よくもこうやって名人に
 逢うことができた。
 
 「さ、行きましょう。」
 人物にうながされるまでもなく、我々は昨夜すでに準備した
 釣道具を氏の車に積む。
 
 人物の車はウイリースである。
 新車ではなく、十分に中古車である。
 この大型乗用車の内部は魚のにおいが充満している。
 魚屋の車のような臭いだ。
 車に乗っただけで、釣りの気分がでるようになっている。
 
 
励みになります。押してください。

にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ


posted by しごきまつ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。